化粧水の位置づけ

化粧水の役割と選び方

お風呂上がりに、適当に化粧水をつけていませんか? 化粧水には、「クレンジングや洗顔によって失われた肌の水分を補う」「水分とともに有効成分を肌に届ける」「後に使用するクリームや乳液の浸透を助ける」という大切な役割があります。主に肌の水分補給として使う化粧水ですが、毛穴を引き締める効果が高い収れん化粧水やエイジングケア化粧水、肌の汚れや皮脂を取り除くためのふきとり化粧水など、その種類は様々です。また、肌質も普通肌、脂性肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌と人によって異なります。肌の状態に合った化粧水を使えば、肌の悩みを改善できることもあります。そのため、自分の肌の状態や使用目的によって、適した化粧水を選ぶことが大切です。

化粧水の正しい使い方

化粧水の効果を最大限発揮するためには、正しく使うことが重要です。まず、たっぷりの量を手に取りましょう。このときに手を合わせて化粧水を温めると、肌に浸透しやすくなります。そして、肌の内側から外側に向かって優しく伸ばしましょう。擦ると摩擦で肌が傷ついてしまうため、そっとハンドプレスしてください。手のひらに肌が吸い付く感覚になったら、肌に水分が浸透した合図です。また、化粧水をコットンでつける方もいますよね。コットンを使用すると、全体にムラなく化粧水をつけられるというメリットがありますが、摩擦によって肌にダメージを与えてしまう可能性もあります。そのため、肌が弱い方は手でつけた方がいいでしょう。どちらもメリットとデメリットがあるので、自分に合う方を選んでください。